有限会社宮崎工務店
沿革 弊社の家づくり 家づくりの流れ 施工事例 アクセス リンク集 ブログ リフォーム相談
宮崎工務店イメージ
家づくりの流れ

家づくりは多くの人が初めてのことばかりです。このコーナーでは、家づくりの流れをご紹介します。あなたの理想の家づくり実現に向けて、全体の流れをご確認ください。

宮崎社長

1.情報収集

まずは自分たちのライフスタイルにフィットする家づくりのイメージを、家族みんなで共有することです。そのため住宅情報誌やインターネットを使ってチェックしたり、家を建てたお友だちを訪ねてみるとよいと思います。

みゆきさん

2.資金計画

頭金は、総予算の3割程度が目処です。そして、住宅の建築費以外にも、外溝工事などの別途工事費や諸経費・税金なども必要になります。住宅ローンはその特徴を把握して、自分にあったものを選びましょう。資金計画は、金融機関に事前相談するといいと思います。

3.設計・工事監理契約

当社では、設計・工事監理の業務範囲を定めた「業務委託契約書」を取り交わしています。設計業務の範囲、設計期間、契約金額、さらに不測の事態への対応方法などがその内容です。

4.基本設計

設計担当者にあなたの要望を説明し土地の法的条件、敷地形状などを考慮した平・立・断面図を作成します。そして、提示された図面が要望を反映しているか、また、概算見積もりも出ますので、予算内に収まるかどうかをチェックしてください。プランと予算の両方を調整しながら案を煮つめていきます。

みゆきさん

5.実施設計

実施設計は、基本設計をもとにして細部の仕様を決定していきます。構造図、設備図など詳しい図面や仕様書を提出します。スイッチやコンセントの位置など、細部にも注意してください。また、建築確認申請や住宅ローンの申し込みにも所定の設計図が必要になります。この実施設計後にも本見積もりをお出しします。

実施設計

6.建築確認の申請

工事に取りかかる前に「建築確認申請」をする必要があります。これは、建物の敷地や構造、設備、用途などの面で建築基準法などの関係法令に適合しているかを確認するもので、行政官庁に必要書類を申請します。
認可がおりるまで2〜3カ月かかる場合もあるので気をつけて下さい。この申請は弊社などの工務店が代行しておこないます。この確認を受けずに工事を開始すると罰則を受けてしまいます。

7.住宅ローンの申し込み

住宅ローンは、土地の購入を検討するとき、事前に住宅ローンの融資が受けられるかどうかを金融機関に相談しておくとよいでしょう。ローンの申し込みには、建築確認申請書の副本(控え)が必要です。また、印紙税、融資事務手数料、ローン保証料などの費用もかかってきます。

8.工事請負契約

建主であるあなたが施工会社に工事を発注する際に交わすのが「工事請負契約書」というものです。発注者、請負者、工期、請負金額、支払方法が明記されています。契約書に捺印される前に、必ず内容をご確認ください。納得できない場合や不備があった場合には、捺印前に修正を要求します。これは後々のトラブル回避のためにも重要です。

9.近隣への挨拶

基本的には工事がはじまる前に棟梁が「これから工事がはじまり、ご迷惑をおかけします」という意味で近隣の家を回って挨拶をします。このとき建主が同行することもあります。挨拶には、タオルなどを配ることもあります。

山森監督

10.地鎮祭

地鎮祭とは、工事着工前に、その土地をお祓いし、工事の安全と建築後の家内安全を祈願するものです。

地鎮祭01地鎮祭02地鎮祭03地鎮祭04

11.土工事・基礎工事

地面を掘り、そこに割砕石を敷き、鉄筋を組み上げ、型枠で囲んでコンクリートを流し込みます。地盤が良好な土地には、「布基礎」をし、やや軟弱な地盤には「ベタ基礎」が行われます。

12.躯体工事

躯体とは、建物の主要構造となる骨格のことで、木造や鉄骨造りの場合は骨組みを、鉄筋コンクリート造の場合は床・壁・屋根を指します。建物の耐震性能を決定する上でとても重要な工事になります。

島田監督
躯体工事01躯体工事02躯体工事03躯体工事04

13.上棟式

上棟式は、棟上げ、建前ともいい、棟木を上げ終わった当日に行う儀式です。職人に酒肴を用意し、金一封を贈ることがあります。主催者は建主側で、その費用は地域によって違います。地元の方にご相談なさるとよいでしょう。

上棟式01上棟式03上棟式03上棟式02

14.外装工事

外装工事の精度が建物の耐火・防水・断熱・気密性能を大きく左右します。躯体工事の後、屋根をつくり、サッシを入れ、外壁を張ったり、塗装をしたりします。外装工事が完了すると足場を撤去し、建物の外観が現れます。

外装工事01外装工事02上棟式03

15.内装工事

設備配管が終わったあと、内装工事を行います。床・壁・天井を仕上げ、家の内部をつくっていきます。事前にお申し付けいただければ、進行状況をお見せすることができます。

16.設備工事

設備工事は、電気・ガス・水道などのライフラインに関わる工事をします。照明器具の取り付け位置も決定します。コンセントやスイッチの位置や数なども立会いし確認していただくことができます。キッチンや浴室などの設備機器も仕様書と合わせてご確認ください。

17.建具・家具工事

ドアや引き戸などの建具の取り付け、収納家具やクローゼット、棚などつくり付けのものを設置する工事です。建具は開閉がスムーズかどうか、収納などは機能や色などが仕様書通りかをご確認ください。

18.その他の工事

その他に、左官・塗装・ブラインドやポストの設置、設備機器の調整などの作業があります。また、塀・門扉・カーポートなど外溝や造園の工事に着手するのもこの頃になります。

19.役所の検査

確認申請を受けつけた役所から建築基準法に則しているか検査が行われます。設計書通りに完成しているかの確認が行われ、この検査に合格すると「検査済証」が発行されます。検査済証がないとローンがストップしてしまう場合もありますので必ずもらいましょう。

20.竣工検査

工事完了後竣工検査の日を決めます。この検査は、工事責任者、設計者、立主が立ち会って行う引き渡し前の最終検査です。
外壁や屋根のキズや汚れ、床のきしみ、建具の開閉水の出具合排水など、建物全体にわたって細かくチェックします。また、設備の使い方も確認し、不具合があった場合はただちに対応いたします。

21.引き渡し

竣工検査完了後、お客様待望の引き渡しです。もし、補修や改善が必要であればそれらが済んでからになります。
手続きが済んだら、鍵を受け取ることができます。あわせて付帯設備の保証書・取扱説明書などの関係書類を受け取り、「不動産引渡確認書」に署名・捺印します。

22.登記

建物の登記は入居後1カ月以内に手続きをし、管轄の市区町村への住宅表示申請などが必要です。ローンを借りる場合は、抵当権設定登記も必要です。手続きは、弊社が行います。

23.引っ越し

電気やガス、水道、電話を開設し、引っ越しをして、新しい家での暮らしが始まります。引っ越し後は、工事中に迷惑をかけた近隣のお宅を中心に挨拶をされるとよいのではないでしょうか。最初の印象はとても大切です。タオルやお菓子などちょっとした気遣いがあれば十分です。
これで終わりではありません。登録した建物や土地の所有者に「固定資産税」や「不動産所取得税」が発生します。登記した年の年末には法務局が検査に来ます。